往年のホンダF1マシン集結!in三重県総合博物館「MieMu」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【三重県】昨日27日は、F1日本グランプリ決勝が三重・鈴鹿サーキットでも行われましたが、三重県総合博物館「MieMu」では、ホンダの名高いレース車が一堂に会した企画展「SUZUKA 夢と挑戦のステージ~ホンダのF1と鈴鹿サーキット~」が開催されております。会期は2015年11月15日(日)まで。

*こちらの展覧会は会期終了しております。

Honda-powered Mclarens

ホンダ歴代F1マシンの進化

今年参戦を再開し注目を集めているホンダF1マシンの展示も予定されており、ホンダの第1期で初優勝を飾ったホンダ『RA272』をはじめ、アイルトン・セナが2度目のチャンピオンを獲得したマクラーレン・ホンダ『MP4/5B』や中嶋悟が1991年に乗ったティレル『020』、佐藤琢磨が2004年にアメリカGPで初の表彰台を勝ち取ったB・A・Rホンダ『006』など、ホンダのF1挑戦の歴史の中でも特に語り継がれている計6台のマシンを見ることができる。さらに日本GPが終わった9月29日から10月4日までの期間限定で、今年の参戦マシンであるマクラーレン・ホンダ『MP4-30』のショーカーも展示される。(レスポンスより

すべての展示物が撮影可能だそうです!

日本初の本格的サーキット

鈴鹿サーキットはホンダが国内初の本格的レーシングコースとして昭和37年にオープン。鈴鹿で初めて62年にF1を開催し、平成の初めにかけて日本中がF1ブームにわいた。(産経WESTより

 また昭和34年に英国オートバイ競技「マン島TTレース」に初参戦したバイク「Honda RC142」も展示。
詳細は、コチラをどうぞ。(告知チラシpdfデータ)

インフォメーション

会場名:MieMu みえむ(三重県総合博物館)
住所:三重県津市一身田上津部田3060

博物館サイト

同時期には…
三重県立図書館連携展示  平成27年9月15日(火)~11月15日(日)

インフォメーション

会場名:三重県立図書館
住所:三重県津市一身田上津部田1234

会場サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る