発電所跡地に巨大プラレール構築!開館20周年記念「パラモデル展 パラ基準と変調 paramodulation」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【富山県】タカラトミーの「プラレール」を使って作品を製作するアートユニット「パラモデル」(林泰彦と中野裕介の両氏)の展覧会『パラモデル展:パラ基準と変調 paramodulætion』が、大正期に建てられた水力発電所を改装した下山(にざやま)芸術の森発電所美術館(富山県入善町)で開催中です。会期は、年内2015年12月27日(日)の後、冬期休館(12/28~2/26)を挟んで、翌年2016年2月27日(土)~3月13日(日)まで。

*こちらの展覧会は会期終了しております。

プラレール

「プラレール」によるインスタレーション

今回の主役は、4メートル角の青い2枚のビニールシートと、幅約14メートル、奥行き約16メートル、高さ約7メートルにもなる巨大構築物。(朝日新聞デジタル 執筆者:編集委員・大西若人より

 お二人がモチーフにしたのは漫画家、藤子不二雄(A)の『少年時代』。藤子不二雄の両氏も富山県のご出身。

ちなみに…
 以前取り上げた来年2016年春上越新幹線越後湯沢〜新潟間で運行するアートカフェ新幹線「GENBI SHINKANSEN 現美新幹線」の車両デザインで「パラモデル」のお二人も参加されています。詳細:「世界最速の美術館!新潟デビューの「現美新幹線」がアートすぎる」(NAVER まとめ)お二人は13号車を担当。

来年2016年春。長岡の花火を描いた「現美新幹線」が走る!
【新潟県】新幹線車内で現代アートが楽しめる「GENBI SHINKANSEN」(現美新幹線)が上越新幹線で、来年2016年春に運転を開始する...

インフォメーション

会場名:下山芸術の森 発電所美術館
住所:富山県下新川郡入善町下山364-1

美術館サイト

さらなる…
 「下山芸術の森 発電所美術館」の魅力については、多くのサイトが取り上げてましたが、キタコレ!さんが画像を大きく掲載され分かりやすかったので、リンクさせていただきます。詳細は、コチラをどうぞ。水力発電所が美術館に!? 富山「発電所美術館」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る