大正15年から親しまれた歴史的建造物が生まれ変わる。「北菓楼 札幌本館」3月開業!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【北海道】お菓子の町、砂川市に本店を持つ北海道の菓子店「北菓楼(きたかろう)」は、今年2016年3月18日(金)に、札幌で初めての路面店となる「北菓楼 札幌本館」を旧文書館別館跡地にオープンするそうです。

北菓楼

北海道のお菓子と共に芸術・文化を発信

「北海道開拓おかき」バウムクーヘン「妖精の森」などの銘菓で知られる「北菓楼」。

『北菓楼』が目指しているのは「優れた北海道素材をおいしいお菓子にして全国に発信すること」。路面店である砂川本店や小樽本館では、北海道のお菓子文化を発信する取り組みの1つとして定期的にイベントなどを実施。(北海道ウォーカーより

 同社にとっては創業から25年越しの夢だったそうで、食、芸術、文化、産業など様々なことを発信した憩いの場 ”サロン( =社交場)”を目指すとの事。

旧文書館(もんじょかん)別館

 旧文書館別館は、大正15年(1926年)摂政宮(のちの昭和天皇)行啓記念事業の一環で、御下賜金を元に北海道初の本格的な図書館「北海道庁立図書館」として建立。

同館は鉄筋コンクリート造り一部4階建て。戦後は美術館などに利用された後、行政文書の保管庫になっていた。外壁は複数階にまたがる円柱の意匠「ジャイアントオーダー」や当時流行した直線的な幾何学模様でデザインされており、90年には市の「さっぽろ・ふるさと文化百選」に選ばれている。
(毎日新聞より)

 今回、内装を建築家・安藤忠雄氏が手掛け、知的でモダンなデザインを取り入れた新旧の素材が融合した空間へとリノベーションするそうです。

インフォメーション

名称:北菓楼札幌本館(KITAKARO SAPPORO HONKAN)
住所:北海道札幌市中央区北1条西5丁目1-2
*2016年3月18日(金)オープン

公式サイト詳細ページ

ちなみに…
 3階分の高さの吹抜けの大空間をつくり、2階には宙に浮くようなカフェスペースを設けるそうです。また多目的スペースや建物の歴史を展示するメモリアルギャラリーも設置される予定も。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る