都内13浴場で ご当地サイダー&ラムネ 湯上りラッパ飲み?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【東京都】日本ガラスびん協会主催で、全国清涼飲料工業会と東京都内の13銭湯の協力より、7月18日から「夏休み! ガラスびん×地サイダー&地ラムネin銭湯2015」が始まっているそうです。期間は9月6日(日)まで。

*こちらのイベントは終了しております。

ラムネ

都内13軒の浴場が参加

参加銭湯は、「愛染湯」(板橋区大和町)、「井草湯」(杉並区下井草)、「大蔵湯」(町田市木曽町)、「小杉湯」(杉並区高円寺北)、「第一金乗湯」(板橋区若木)、「立川湯屋敷梅の湯」(立川市高松町)、「大星湯」(新宿区市谷台町)、「白山湯」(江東区枝川)、「弁天湯」(台東区浅草橋)、「松の湯」(品川区戸越)、「テルメ末広」(北区志茂)、「若松湯」(足立区五反野)、「妙法湯」(豊島区西池袋)の13施設。(マイナビニュースより


8月末までの毎週日曜日は、銭湯を利用した先着20組の家族に、地サイダー・地ラムネが1本プレゼントされるそうです。

東北から九州までのガラスびん入り

用意するサイダーやラムネは、「伊達サイダー」(宮城県)、「萌えラムネ」(東京都)、「ビードロおいしいラムネ」(神奈川県)、「元祖ビー玉ラムネ ゴールドメダル」(静岡県)、「トンボラムネ」(富山県)、「塩サイダー」(大阪府)、「姫路城サイダー」(兵庫県)、「ダイヤモンドレモン」(兵庫県)、「瀬戸内マスカットラムネ」(広島県)、「湯あがり堂サイダー」(佐賀県)の10種類(マイナビニュースより

ガラスの透明感 懐かしさと涼しげな音に

今回の取り組みの背景

日本ガラスびん協会では、ガラスびんの普及の一環として、清涼飲料を始め様々なシーンで使われているガラスびんを通し、利用啓発活動を実施しております。
昨年、大好評をいただきました本企画は、今年は参加する銭湯も増え、ひと回り大きなスケールで開催することになりました。
(日本ガラスびん協会サイトより)

 協力の一般社団法人 全国清涼飲料工業会のサイトでは、それぞれのご当地の「地サイダー&地ラムネ」についてのリンク集がありますね。

インフォメーション

イベント名:夏休み!ガラスびん×地サイダー&地ラムネ in 銭湯 2015

公式サイトへ

ちなみに…
ラムネの、あのガラス玉はビー玉じゃなく「エー玉」というそうです。
(詳細は:「知ってた?ラムネのあのガラス玉はビー玉ではないらしい」 NAVER まとめ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る