生を凝視し続けた文豪の“美の目利き”。「川端康成コレクション 伝統とモダニズム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【東京23区】来週末より、丸の内の東京ステーションギャラリーでは「川端康成コレクション 伝統とモダニズム」が開催されます。期間は、2016年4月23日(土)から6月19日(日)まで。ノーベル賞を受賞した日本を代表する小説家・川端康成は美術品収集家としても有名で、浦上玉堂の『凍雲篩雪図』(国宝)や、池大雅と与謝蕪村による『十便十宜図』(国宝)などの貴重なコレクションが公開されます。*会期中に展示替えもあります。詳細は美術館サイトよりコチラをどうぞ。出品リストは、コチラ。(pdfデータ)

*こちらの展覧会は会期が終了しております。

Pays de neige

知識も理屈もなく、私はただ見ている。

本展は、伝統とモダニズムの双方にまたがる川端氏の収集品を軸に、上記のような文学作品の展開や文学者たちとの交流をも視野に入れ、その深淵な美意識の世界に分け入ろうとするものです。(美術館サイトより

 ピカソのデッサンはもとより、古賀春江、草間彌生、村上肥出夫などの作品に対しても、若いころから関心があったそうです。


 掲載告知のポスターで、川端康成が見ているのは、ロダン《女の手》。


 東山魁夷とも交流があったそうです。

川端 康成(かわばた やすなり)

1899年-1972年
大阪市天満此花町生まれ。(はてなキーワードより

ちなみに…
 本日、4月16日は、命日だそうです。


 記事では、川端康成が古美術だった当時の様子をご紹介。

インフォメーション

会場名:東京ステーションギャラリー
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1

美術館サイトより

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る