NASA基地「火星の氷の家」の模型も展示。六本木の森美術館で「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【東京23区】こちらは本日から。東京・六本木の森美術館では、「宇宙と芸術展」が開催されました。会期は、2016年7月30日(土)~ 来年2017年1月9日(月・祝)まで。同展では、歴史的な天文学資料や現代アーティストによるインスタレーション、さらに宇宙開発の最前線に至るまで、ジャンルを超えた多様な出展物約200点が一挙に公開。
Viking 2 Image of Mars Utopian Plain

*こちらの展覧会は会期が終了しております。

古今東西、アートオデッセイ

宇宙は古来、人間にとって永遠の関心事であり、また信仰と研究の対象として、世界各地の芸術の中で表現され、多くの物語を生み出してきました。(美術館サイトより

 隕石や化石、ダ・ヴィンチやガリレオ・ガリレイ等の歴史的な天文学資料、曼荼羅(まんだら)や日本最古のSF小説ともいえる「竹取物語」の絵巻が展示。宇宙を体感できるインスタレーションとしては、国内外でも話題になっているチームラボ(TeamLab)の作品も登場。*チームラボの代表・猪子寿之氏は、最近NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」にも出演して、DMM.comのCMにも登場されてますよね。現在、フジテレビ主催の「お台場みんなの夢大陸2016」内のDMM.プラネッツ Art by teamLabにて、超巨大なデジタルアート作品群も展示。
 

展示構成は

 「人は宇宙をどう見てきたか?」、「宇宙という時空間」、「新しい生命観―宇宙人はいるのか?」、「宇宙旅行と人間の未来」の4つのセクションに分かれて構成。
 上記で伝えたチームラボの作品は、4セクション目の「宇宙旅行と人間の未来」で登場。またその同セクション内では、NASAの火星基地コンペで、最優秀賞に選ばれた日本人建築家たちの作品も国内初公開。

公開されるのは、ニューヨーク在住の建築家、曽野正之さん(45)たちのチーム「CloudsAO(クラウズアオ)」と仲間の建築家グループ「SEArch(サーチ)」が、3Dプリンターで作製した樹脂製模型(縮尺75分の1)。(朝日新聞デジタルより

インフォメーション

会場名:森美術館
住所:東京都港区六本木6−10−1 六本木ヒルズ森タワー 六本木ヒルズ

美術館サイト

ちなみに…
 ”宇宙案内人”と称した音声ガイドを務めたのは、この方・・・

また…
 私共の運営ギャラリーは、銀座にあるのですが、今年開業した「東急プラザ銀座」内のイベント施設「METoA Ginza(メトア ギンザ)」では、同様に「宇宙」をテーマにしたイベント「Space in Ginza — 銀座の中の宇宙」が現在開催中です。≪会期期間:2016年7月9日(土)~9月下旬(予定))≫こちらの銀座のイベントは入場無料です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る