秋田県立美術館に現る。『藤田嗣治と平野政吉 まぼろしの美術館1936-1938』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【秋田県】秋田市の美術収集家平野政吉(1895-1989)が、藤田嗣治の作品を展示するために計画した「幻の美術館」が、模型とCG映像で再現されます。―企画展『藤田嗣治と平野政吉 まぼろしの美術館1936-1938』が、秋田県立美術館にて開催されております。会期は、2015年10月3日(土)~2016年1月17日(日)まで。

*こちらの展覧会は会期終了しております。

AKITA MUSEUM OF ART

藤田嗣治ための「幻の美術館」

 幻の美術館は、36年に平野政吉が提案。38年に着工したものの、戦時下の資材不足により基礎工事の段階で中止された。
 2012年、平野の親族が当時の設計図やイメージ図など約30枚を発見。平野政吉美術財団が秋田県立大の込山敦司准教授(建築計画学)に制作を依頼した。(河北新報オンラインニュースより


今回は、建設予定の建物の1/100の模型と、建物の外観や内部のCG映像(約6分)が発表されるそうです。

秋田の行事

1936(昭和11)年7月に平野政吉が建設構想を打ち出した美術館の壁を飾るため、翌年の1937(昭和12)年に制作された作品である。藤田は「秋田の全貌」「歴史的秋田の意味」を描くことを意図し、約半年間、頻繁に秋田を訪れ取材を重ねた。(旧美術館サイトより

 また以前吉永小百合さん出演のJR東日本「大人の休日倶楽部:」でも取り上げてましたね。(詳細:秋田県「秋田の行事篇」より)

インフォメーション

会場名:秋田県立美術館
住所:秋田県秋田市千秋明徳町3-7

美術館サイト

ちなみに…
 その他「2015年藤田嗣治」関連の情報は、下記のリンクより他のページでもご紹介しております。

藤田嗣治生誕130年。そして活動を支えた一人のアメリカ人。
【北海道】伊達市教育委員会が管理している、藤田嗣治の銅版画が、来年の生誕130年の節目を記念し、販売されるそうです。今回の販売にあたっての経...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る