異才の版画家・エッシャーの巡回展、茨城で開催。「無限迷宮への夢 エッシャーの世界」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【茨城県】来週から水戸市の茨城県近代美術館では、オランダの画家で版画家エッシャー(1898-1972)の企画展「無限迷宮への夢 エッシャーの世界」が開催されます。会期は、2016年6月7日(火)から7月10日(日)まで。*こちらは巡回展でこの会期後、2会場をまわる予定。高松市美術館での会期は終了しております。

*茨城展の会期は終了しております。

Fachada Escher

迷宮世界の魅力

視覚的なトリックが駆使され、誰の内にもひそむ純粋な好奇心をくすぐる作品は、世界中で親しまれ、日本でも高い人気を誇ります。本展では、「だまし絵」として知られる代表作とともに、そこへ至るまでの様々な表現への挑戦や、エッシャーの師メスキータの木版画も併せて展示します。(美術館サイトより

 エッシャー作品が92点、下絵やスケッチなど資料が30点、師メスキータ作品が17点展示。師メスキータは、サミュエル・イエッスルン・ド・メスキータ(1868-1944)氏のこと(Wikipedia英版)。エッシャーの才能を見出し大きな影響を与えたと言われております。

マウリッツ・エッシャー(Maurits Cornelis Escher)

1898-1972
オランダ・レーワルデン生まれ。

平面の中に立体構造を創り上げる独創的感性の持ち主。視覚の魔術師の称される。(ギャラリーボヤージュサイトより

展示構成は

 日本初公開となる師メスキータの木版画17点とエッシャーの初期作品を展示した第1章.「エッシャーとメスキータ」、イタリアの様々な地域を描いた風景版画シリーズを紹介した第2章.「イタリア周遊時代」、そして迷宮的な心象風景をテーマに、「だまし絵」に代表される独自の世界観を大々的にアピールした第3章.「エッシャー独自の世界」全3章

インフォメーション

会場名:茨城県近代美術館
住所:茨城県水戸市千波町666-1

美術館サイト

ちなみに…
 今回の巡回展。次回のスケジュールは以上の通りです。
2016年7月17日(日)~8月28日(日)静岡市美術館
2016年9月3日(土)~10月16日(日)札幌芸術の森美術館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る