83歳で世界デビューした写真家に迫る。「ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【東京23区】渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて、展覧会「ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展」が開催されます。会期は、2017年4月29日(土・祝)~6月25日(日)まで。「カラー写真のパイオニア」と言われた同氏の日本初の回顧展です。

*こちらの展覧会は会期が終了しております。

伝説の写真家の秘密に迫る。

1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍しながら、1980年代に商業写真から退き、世間から姿を消したソール・ライター(1923-2013)。写真界でソール・ライターが再び脚光を浴びるきっかけとなったのが、2006年にドイツのシュタイデル社によって出版された作品集でした。時に、ソール・ライター83歳。(美術館サイトより

 ニューヨークのソール・ライター財団の全面的な協力を得て、同財団所蔵の写真作品(モノクロ、カラー)、絵画作品、その他貴重な資料200点あまりが一堂に集結。

インフォメーション

会場名:Bunkamura ザ・ミュージアム
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1

美術館サイト 特集ページ

 上記リンク、美術館サイト内の特集ページでは、「展覧会紹介動画」<30秒バージョン><3分バージョン>も公開しております。著名人による展覧会へのメッセージも更新中です。

ソール・ライター

(1923年-2013年)
アメリカ・ピッツバーグ生まれ。ニューヨークにて没。

1940年代から絵画のように豊かな表現力でNYを撮影したカラー写真の先駆者で、「ハーパーズ バザー」「ヴォーグ」等のファッション誌の表紙も飾った写真家。写真に芸術性よりも商業性が強く求められ始めた80年代、彼は表舞台から姿を消す。(amazonより

ちなみに…
 上記の引用させていただいた文は、同氏の半生に迫った2012年制作のドキュメンタリー映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』公式サイト)DVD紹介ページより。なおこのドキュメンタリーは、会期中Bunkamuraル・シネマでも上映されるそうです。詳細は、特集ページよりコチラをどうぞ。*後日上映スケジュールはBunkamuraホームページにてお知らせがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る