南フランス・マーグ財団美術館のコレクションを中心に。大回顧展「ジャコメッティ展」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【東京23区】本日より国立新美術館開館10周年として『ジャコメッティ展』が同館にて開催されました。会期は2017年6月14日(水)~9月4日(月)まで。*巡回展で東京展後、秋には愛知県の豊田市美術館でも開催予定。会期:2017年10月14日(土)〜12月24日(日)。

*東京展は会期が終了しております。

Musee de la Fondation Maeght

国内で11年ぶりとなる大回顧展

スイスに生まれ、フランスで活躍したアルベルト・ジャコメッティ(1901-1966年)は、20世紀のヨーロッパにおける最も重要な彫刻家のひとりです。アフリカやオセアニアの彫刻やキュビスムへの傾倒、そして、1920年代の終わりから参加したシュルレアリスム運動など、同時代の先鋭的な動きを存分に吸収したジャコメッティは、1935年から、モデルに向き合いつつ独自のスタイルの創出へと歩み出しました。それは、身体を線のように長く引き伸ばした、まったく新たな彫刻でした。 (美術館サイトより


 正式名の《歩く男I》。こちらは、アメリカ・ニューヨークのチェース・マンハッタン銀行のためのモニュメントとして制作された作品。このプロジェクトは、《歩く男》、《女性立像》、《大きな頭部》の3点を銀行の前の広場に設置することが構想だったそうです。残念ながら、このプロジェクトは実現しませんでした。作品説明は、公式サイトよりコチラをどうぞ。《歩く男I》に関しては公式サイトの作品説明ページの一番下で説明があります。


 パリとチューリヒのジャコメッティ財団と並び、世界3大ジャコメッティ・コレクションのひとつとして名高いマーグ財団美術館。旅行のクチコミサイトのフォートラベルマーグ財団美術館に関してのページがありました。公式サイトでの説明はコチラ。同団体のコレクションを中心に、代表的な彫刻作品をはじめ、油彩、素描、版画、記録写真など約135点が展示。(彫刻約50点、絵画約5点、素描と版画約80点。)

インフォメーション

会場名:国立新美術館
住所:東京都港区六本木7丁目22-2

ちなみに…

大阪・国立国際美術館で、舞台上演。「わが父、ジャコメッティ」


 去年の大阪で開催されたジャコメッティを題材にした舞台の話題を取り上げましたが、「英国王のスピーチ」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」などに出演しているベテラン俳優ジェフリー・ラッシュがジャコメッティを演じる自伝的映画が来年公開されるそうです。映画「Final Portrait(原題)」2018年1月に公開予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る