ルノワールの傑作《ピアノを弾く少女たち》を中心に。「オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【神奈川県】みなとみらいの横浜美術館では、30周年記念として企画展「オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」が開催されます。会期は2019年9月21日(土)から2020年1月13日(月・祝)まで。画商ポール・ギヨームらが集めた、印象派とエコール・ド・パリのコレクションで名高いオランジュリー美術館。その同館のコレクションが、21年ぶりにまとめて紹介されます。
Pierre-Auguste Renoir: Girls at the Piano, 1892

ヨーロッパ屈指のコレクションが、横浜に

ギヨームは若き才能が集まる 20 世紀初頭のパリで画商として活動する一方、自らもコレクターとして作品を収集しました。私邸を美術館にする構想を果たせぬまま彼が若くして世を去った後、そのコレクションはドメニカ夫人により手を加えられていきました。そしてこれらの作品群はギヨームとドメニカの二番目の夫の名を冠した「ジャン・ヴァルテル&ポール・ギヨーム コレクション」としてフランス国家へ譲渡され、同館で展示されるようになりました。(美術館サイトより

展示作家は

同展では、所蔵する146点の絵画群のうち13人の画家による約70点が展示。その13人の画家は、印象派の巨匠ルノワールをはじめ、セザンヌ、ドラン、ローランサン、マティス、モディリアーニ、モネ、ピカソ、ルソー、シスレー、スーティン、ユトリロ、ヴァン・ドンゲン。

インフォメーション

会場名:横浜美術館
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1

ちなみに…
会期にあたり、下記のようなグッズ販売の展開もあるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る