クラフトデザイン運動の目覚め。信楽窯業技術試験場移転記念展「ジャパン・スタイル-信楽・クラフトデザインのあゆみ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【滋賀県】滋賀県立陶芸の森では、信楽窯業技術試験場移転記念展「ジャパン・スタイル-信楽・クラフトデザインのあゆみ」が開催されます。会期は2022年3月5日(土)から6月9日(木)まで。

*新型コロナウイルス感染症の状況により、会期の変更がある場合があります。最新の情報は「滋賀県立陶芸の森」ウェブサイトにてご確認ください。

信楽窯業技術試験場移転記念展「ジャパン・スタイル-信楽・クラフトデザインのあゆみ」a

新時代を予感させる〈うつわ〉

世界的なコロナ禍を転機に、暮らし方への関心が高まりつつあります。日常に癒しやくつろぎを求めようとする意識の変化にともない、生活空間のなかで、いま手仕事の温かさと土の魅力を活かした普段づかいの〈うつわ〉のデザインが人々の注目を集めています。(滋賀県立陶芸の森サイトより

日本国内の陶産地で活躍した日根野作三(1907-1984)や熊倉順吉(1920-1985)の指導で、産地が一体となり火鉢低迷の苦境を乗り越えたあの頃。本展では、朝の連続ドラマでも記憶に新しい、活気に満ちた当時を振り返りつつ、いま信楽で話題の作家たちを紹介。(滋賀県立陶芸の森サイトより

信楽窯業技術試験場移転記念展「ジャパン・スタイル-信楽・クラフトデザインのあゆみ」b


作品約100点、資料30点が紹介されます。

展示構成は

Section1「戦後クラフトデサインのあけほの(1945ー1960)」、Section2「陶磁デザイナー・日根野作三との出会い」、Section3「産地の挑戦-試験場とクラフトデザイン運動」、Section4「出会いと交流のなかで育まれた新たな息吹き」、Section5「ニューノーマル時代の〈やきもの〉と暮らし」の全5部で構成。

インフォメーション

会場名:滋賀県立陶芸の森 陶芸館
住所:滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
会期:2022年3月5日(土)~2022年6月9日(木)まで
開催時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)
休館日:毎週月曜日
*但し3月21日、5月2日は開館し、翌日が振替休館日)
入館料:一般600円(480円)高大生450円(360円)、中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
主催:滋賀県立陶芸の森、滋賀県工業技術総合センター信楽窯業技術試験場、京都新聞
後援:滋賀県教育委員会、甲賀市、NHK大津放送局
協力:公益財団法人日本陶磁器意匠センター

美術館サイト

ちなみに…
関連イベントとして、ギャラリートークが3月20日(日)・4月24日(日)・5月22日(日)(各日 13:30~)催しされるそうです。

また…
地元企業協賛企画 信楽高原 山田牧場のPOP UP SHOPがオープン!
信楽で「牛に願いを ミルクに夢を」をモットーに、乳製品の生産を手掛ける山田牧場(webサイト)が、本展会期中の週末に自慢の生乳を使用した商品を陶芸館前で販売。
開催日:会期中の土曜日、日曜日、祝日
取扱商品:牛乳・ヨーグルト・チーズケーキ・チーズ・カレーなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る