清方芸術の不変。東京国立近代美術館で開催。「没後50年 鏑木清方展」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【東京23区】竹橋の東京国立近代美術館では、没後50年「鏑木清方展」が開催されます。会期は、2022年3月18日(金)から5月8日(日)まで。*こちらの展覧会は、今年5月京都展もあります。

*新型コロナウイルス感染症の状況により、会期の変更がある場合があります。最新の情報は「東京国立近代美術館」ウェブサイトにてご確認ください。

没後50年 鏑木清方展a

なんでもない一瞬が、なによりも美しい。

鏑木清方(1878-1972)の代表作として知られ、長きにわたり所在不明だった《築地明石町》(1927年)と、合わせて三部作となる《新富町》《浜町河岸》(どちらも1930年)は、2018年に再発見され、翌年に当館のコレクションに加わりました。(東京国立近代美術館サイトより

この3部作をはじめとする109件の日本画作品で構成する大規模な回顧展だそうです。作品保護のため、会期中一部展展示替えがありますが、3部作の《築地明石町》《新富町》《浜町河岸》は全期間展示!

鏑木清方(かぶらぎきよかた)

明治11年(1878)- 昭和47年(1972)

美人画の名手と言われた鏑木清方。東京・神田で生まれ、京橋や木挽町界隈で育った鏑木清方は、《明治風俗十二ヶ月》(東京国立近代美術館所蔵)などに見られるように、明治期の下町風俗をこよなく愛した。(ギャラリーボヤージュサイトより

展示構成は

1章「生活をえがく」、2章「物語をえがく」、3章「小さくえがく」の全3章
挿絵はなく、日本画約110点が展示。

インフォメーション

会場名:東京国立近代美術館
住所:東京都千代田区北の丸公園3-1

ちなみに…
京都展のスケジュールは以上の通りです。
2022年5月27日(金)~2022年7月10日(日)京都国立近代美術館
*東京会場では作品のテーマで区切って年代順に、京都会場では全体をとおして年代順に構成。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る