自由な創作を開始した地で原点回帰。 蔡國強、7年ぶりの大規模な個展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【神奈川県】本日から、横浜美術館では、「蔡國強展:帰去来」が開催です。会期は2015年10月18日(日)まで。

*こちらの展覧会は会期終了しております。

蔡國強展:帰去来

火薬の爆発による絵画を発展

ニューヨークを拠点に、現代美術界で最も活躍しているアーティストのひとり、蔡國強(ツァイ・グオチャン/さい こっきょう、1957年、中国福建省泉州市生まれ)。 (美術館サイトより


 2008年の北京オリンピックでは、開会式・閉会式のヴィジュアルディレクターとして花火を担当されました。

国内では7年ぶりとなる大規模な個展

タイトルの「帰去来(ききょらい)」は、中国の詩人、陶淵明(とうえんめい)(365-427)の代表作「帰去来辞(ききょらいのじ)」から引用しています。官職を辞して、故郷に帰り田園に生きる決意を表したこの詩は、現実を見つめ、己の正しい道に戻り、自然に身をゆだねる自由な精神を謳っています。 (美術館特設サイトより

 なお、蔡氏は、1986年から1995年にかけて夫婦で日本に在住しており、筑波大学芸術学群に研究生としても在籍していたそうです。
1988年から1995年の間は、福島県いわき市を中心に芸術活動を行っていたとの事。

展示内容は・・・

日本初公開となる近年の代表作「壁撞き(かべつき)」のほか、横浜美術館のグランドギャラリーで滞在制作した火薬ドローイング「夜桜」や、横浜美術大学との協働で制作したテラコッタによるインスタレーション「朝顔」などの新作が展示。(ヨコハマ経済新聞より

「現代美術のスーパースター、横浜へ」
オフィシャル動画(YouTube)も拝見しましたが、圧巻です!

インフォメーション

会場名:横浜美術館
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1

ちなみに…
 新潟県十日町市で7月26日から始まる「大地の芸術祭 越後妻有(つまり)アートトリエンナーレ2015」(展示は9月27日まで)や、
東京・代官山のアートフロントギャラリーの企画展(7月28日~9月6日)にも蔡氏の作品が出展されるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る