東西から集う日本の二大印象派コレクション。「ポーラ美術館×ひろしま美術館 共同企画 印象派、記憶への旅」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【神奈川県】印象派絵画で優れた作品を数多く持つ、ポーラ美術館とひろしま美術館。今回両館のコレクションを一堂公開した展覧会「ポーラ美術館×ひろしま美術館 共同企画 印象派、記憶への旅」がポーラ美術館で開催されます。会期は2019年3月23日(土)から7月28日(日)まで。

*こちらの展覧会は会期が終了しております。

Maison de Claude Monet

東のポーラ美術館、西のひろしま美術館

両館のフランス印象派の風景画を中心に、ドラクロワやコローからピカソ、マティスまで73点の名品を選び、19世紀の画家たちの旅と記憶、都市や水辺の風景に向けられた画家たちの視線、風景の印象や移ろいゆく光の変化を留めたかたちや色彩の表現を探ります。(美術館サイトより

最後のセクションでは、文献調査や最新の光学調査によって明らかになった、印象派の作品の制作過程や技法もご紹介。具体的にはゴッホに関しては作品だけでなく、ゴッホが弟テオに宛てて書いた手紙の調査が。またマティスに関しては、自身が撮影した制作過程の記録写真にも焦点が当てられます。


ちなみに…
書籍表紙で使われている作品は、ポーラ美術館所蔵のゴッホの《ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋》。よろしければ美術館サイトよりコチラをどうぞ。

インフォメーション

会場名:ポーラ美術館
住所:神奈川県足柄下郡 箱根町仙石原小塚山1285

美術館サイト

なお…
もちろん広島・ひろしま美術館でも、今年の2019年夏に開催。開催期間:2019年8月10日(土)~ 10月27日(日)

美術館サイト

両館のコレクションには、同一の画家の同時期や、同じモティーフの作品が多くあり、見比べて楽しむことも同展の特徴だそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る